PAGE TOP

ミュゼ 名古屋

脱毛サロン最大手のミュゼは名古屋にもお店はあります。詳細はコチラから
TOPPAGE > ノーノーヘアは、美人モデル3人が不思議な歌と踊りで

ノーノーヘアは、美人モデル3人が不

ノーノーヘアは、美人モデル3人が不思議な歌と踊りでムダ毛処理をアピールするCMで一躍有名になりました。

どのような製品かというと、熱線を使ってムダ毛を処理するサーミコン方式の家庭用除毛器です。
ムダ毛に電線の熱を伝えて焼き切るタイプなので、処理している最中は、毛の焦げるニオイがします(※お肌にニオイが残ることはありません)。
テーブルの上に置きっぱなしにしてもぜんぜん違和感のないデザイン性の高さや小ささは評価が高いのですが、一方で、焼き切るだけなので仕上がりが期待していたほどじゃなかったとか、焦げる臭いばかりで脱毛効果がなかったといったマイナス評価が多いんです。
効果というのは譲れない点なので、気になりますね。

もちろん、プラスの評価もあります。
もともと光脱毛できない体質の方がサーミコン方式なら処理できたとか、こまめな自己処理の手間はあるけれど継続的に使っていれば、気にならない程度にまでムダ毛を減らすことができるという意見もあります。


イメージとして、医療脱毛は高価だと思われていますが、近頃はそのコストもとても右肩下がりの状況で、それほど躊躇することなく、受けることが可能になってきているのです。


安くなったとはいえ、脱毛を行うサロンやエステでのサービスと比べてみると、高いと思ってしまうことが多い、というのが現実かもしれません。また、あまりにも安いサービスを提供しているようなところは施術スタッフのレベルが技術的に低いこともあるでしょう。
ムダ毛を自己処理していると、毛が埋没してしまって困ってしまうこと、多いですよね。
こういった場合、どうにかしてやろうと頑張ってみたりしますが、逆にお肌に大ダメージを与えることになります。

自己処理ではなく、脱毛サロンにお願いしてしまうか、市販の角質を取り除くスキンケア剤などでゆっくり減らしていくのが正解なのではないでしょうか。置いておけばそのうち、ぽつぽつと黒いシミになってしまう可能性もあります。

VIOの脱毛を医療脱毛で行うのも一つの方法です。
我慢強くない方だと、その痛みに耐えられませんが、その後、ムダ毛が生えにくくなります。
しかし、その点レーザー脱毛は、範囲を狭くして脱毛できるのでお好きなように調整できます。

どのくらいVラインのムダ毛を処理したいかは人それぞれでお好みがあるでしょうから、やり過ぎ防止のためにも医療脱毛をしてみてはいかがでしょうか。
最近、料金の設定方法として時間制を採用している医療脱毛が受けられるクリニックが増えている、というのも事実です。
医療脱毛について考えてみるとその印象として「費用が高い」というのがありますが、レーザーの照射を30分間、継続して行うといったプランなら、気になっている箇所を全部まとめて一度に脱毛することができるかもしれませんよ。腕だったらこの程度で満足と思っても、脚、脇はもう少しだけ脱毛したいなどの要望がある時にも便利なことは間違いないです。
トライアルの医療脱毛を受けられる美容外科や美容皮膚科もあるため、積極的に足を運んでみましょう。

自分に合うレーザーを選ぶことで医療脱毛のどれだけ痛いかが変わってくるので、クリニックで体験してみて、自分的にはそんなに痛くないか感じてみてください。

さらに、医療脱毛ならトライアルコースを体験するだけでも、むだ毛が少なくなったと感じるかもしれません。自分で脱毛器を使って処理するメリットというと、カミソリを使うよりもキレイに脱毛できるし、脱毛サロンと比べるとコストを抑えられることが挙げられるでしょう。

それに、自分の空いた時間に処理できることが、脱毛器による自己処理の利点だと言えます。

初期投資が必要なこともありますし、交換カートリッジが必要な器具もありますが、全身を脱毛することを考えると脱毛サロンより安いと言えます。



家庭で脱毛をするときに使用する脱毛器は、種類が様々なので、自分がどういった脱毛方法が好きなのか考えて脱毛器を購入した方が失敗しなくてすむかもしれません。

フェイスのうぶ毛やVラインなどのアンダーヘアを脱毛できる機器もあれば、美顔器の機能も搭載した商品もあります。小さく軽いものから大きくて重いものまで色々ですし、充電タイプと電池タイプがありますが、じっくり納得するまで脱毛したい!という人は電池よりコンセントにつなぐタイプの脱毛器がおすすめです。家庭用の脱毛器を使用した脱毛後は、お肌がほてったり赤くなることがありますが、常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにすると赤みもひいてきます。

個人差はありますが、これらの症状は脱毛の刺激による炎症ですので、症状が出ている部分を清潔に保ち、汗をかかないように気をつけ、保冷することが大切です。

そのようにしていても赤いままで治まらないときは、そのままにせず、皮膚科を受診しましょう。
まして、悪化して化膿したり、水分が出てきたり、通常の脱毛以外の症状が見られる際は、放っておいたり、市販薬などに頼らず、専門医に診てもらうべきです。


脱毛するのにワックスを使用する方は日本における少数派と言えるでしょう。が、日本以外ならばざらに見るムダ毛の処理方法であります。
毛抜きを使って無駄な毛を抜くのに比べ、楽だし、ワックスを自作すれば脱毛費用削減も夢ではありません。ですが、抜く瞬間は痛いと思うので、痛いのが苦手なタイプなら避けるべきです。

http://xn--zdkza412zewpjmysk0a.biz/ http://xn--zdkza412z7dcqv4ali3a.biz/
Copyright (C) 2014 ミュゼ 名古屋 All Rights Reserved.